6月も半ばになり、どんどん暑くなってきました。
暑くなると思い出すのが社労士試験。

社労士試験の特徴は、「膨大な試験範囲」と「体力勝負」です。
例年、8月の第4日曜日に実施され、猛暑の中、一日中ひたすら問題を解きます。

先日、受験指導している「社労士ネット倉敷」で模擬試験が行われました。
http://www.my-story.co.jp/srnet-k/index.html
問題を作るこちらも大変なのですが、試験まで3か月を切った受講生はもっと大変です。

社労士試験は難関と言われていますが、そこまで難関ではありません。
努力すれば合格します。
士業には努力しても合格できない試験もありますので、、、。

それが最近急激に合格率が下がってきています。
私が合格した年は合格率が7%で、歴代2番目に低い数字でした。
翌年は少し合格率が上がるだろうという予想でしたが、5.4%。
この年、岡山県では、約1,000人が受験し、実に37人しか合格しませんでした。

う~ん、受験生にとっては非常に厳しい数字ですね。

受験される方、これからが追い込みです。
この数か月の頑張りでかなり点数が変わってきます。

私も受験時代は、見たいTV番組、映画も我慢し、勉強に専念していました。
息抜きの日をつくる余裕は全くありませんでした。
とにかく、試験日当日まで自分で決めた課題がたくさんあり、その課題を終わらせるために必死でした。

努力すれば、必ず結果は付いてきます。
暑い中の勉強ですが、体調に気をつけて頑張ってください!
書
「自分を信じて
まっすぐ進んで行けば
暗闇を突破できる」


先日、友人からいただいた書です。